お知らせ


会員各位

平成29年10月吉日
日本弁理士クラブ幹事長 鈴木 一永
同研修委員長 山川 啓 

      平成29年度日本弁理士クラブ研修会(第2回)のご案内

  -中国における実体審査の変化とハイテク企業認定及び補助金政策(特許)-

 拝啓 時下益々ご清祥の段お慶び申し上げます。
 さて、日本弁理士クラブでは、ハイテク企業認定及び補助金政策の下、中国国内でも特許出願件数が際立って多い中国広東省より、嘉権特許商標事務所の講師を2名お招きして標記研修を開催致します。受講ご希望の方は下記ウェブサイトにて必要事項をご記入の上、お申し込み下さい。定員は60名です。定員になり次第、締め切りといたします。なお、本研修は継続研修の単位は認められませんのでご注意下さい。

敬具

1.内容
 中国において特許出願件数は高水準で推移しており、これに伴って中国国内では、実務・法制度上の見直しについての議論が進められています。また、現地法人が補助金や法人税減免措置を享受できる「ハイテク企業認定制度」を知っておくことは、中国でのビジネス展開を考える上で非常に重要となっています。本研修では、以上の点を第1部と第2部とに分けてお話しいただく予定です。
 第1部 中国における専利出願及び実体審査の変化について(中国語、日本語の通訳あり)
  (中国における専利制度の発展及び最近の状況及び中国における特許の実体審査を中心に)
 第2部 広東省におけるハイテク企業認定及び補助金政策の解説(日本語)
  (ハイテク企業認定/ハイテク企業育成企業登録、研究開発システム構築プログラム、製造業技術改善後の事後補助制度、研究開発費用課税前加算控除/専利補助金等)

2.日程
   11月14日(火) 18:30~20:30  受付18:00~
 ※ 受講票は配布いたしません。

3.会場
 弁理士会館2階AB会議室( http://www.jpaa.or.jp/about-us/access/

4.費用
 ・日本弁理士クラブ五会派に所属する弁理士     1,000円
 ・平成27年4月1日以降に弁理士登録された弁理士   1,000円
  (登録番号20112以降の弁理士)
 ・上記以外の弁理士                3,000円
  ※当日、受付にてお支払いください。できるだけお釣りのないようにご協力願います。

5.問い合わせ先
 日本弁理士クラブ 研修委員会 帯包浩司(特許業務法人パテントボックス)FAX: 03-5809-3679

6.申込み方法
 以下の申込用のウェブサイトにアクセスし、必要事項をご記入ください。送信が完了すると、ご記入いただいたメールアドレスに自動返信メールが届きます。

  https://sites.google.com/site/nichibenseminar2/

  ※ 表示エラーがでる場合には、画面で指示された「対処方法」に従って新しいウィンドウで開いてください。
  または、上記のURLを右クリックしてメニューを開き、「新しいウィンドウで開く」を選択してください。

講師略歴
 第1部 薛 建強 先生(弁理士・元特許庁審査官)。中国特許庁審査部審査官等に従事後、嘉権特許商標事務所に入所
 第2部 青井 隆徳 先生(工学博士)。嘉権特許商標事務所の高級顧問・パートナー。日本の政府研究機関、日本国内特許事務所、外資系戦略コンサルティング会社等にて勤務。